ギスキマーズ

■2021年3月上旬頒布予定■ラブロマ絵貯蔵庫→https://privatter.net/u/saku2_839
■2021年3月上旬頒布予定■

ラブロマ絵貯蔵庫→https://privatter.net/u/saku2_839
夕食

夕食

夕食の食器をお盆に乗せて片付けてるとき、
どこからかピチャピチャと音が聞こえてきまして。
なんだろうなーまた雨降ってるのかなー、いや家の中からするぞ。お風呂のお湯でも溢れてるのかなぁと思ったら、
しょうゆのビンがお盆の上で倒れコタツ布団に床にそして私の腕に壮絶に溢れてました。
久しぶりの大惨事でした。

水彩だと高確率で凉ちんの血色が悪くなる。
「あ

「あ

「あの頃。」気になる、観に行ってみたい。
前々から根岸さんにはあややの「笑顔に涙」を歌ってほしいって思ってまして。
悩んじゃうからって彼氏つくるの諦めちゃってるけどね。
まぁまぁ、じれったいような内気なあの子もいるわけですし、
名の知れないアマチュアバンドのMDを誰か(ヨシツネあたり)が
皆に聞かせてクラスですごく流行ってもらおうじゃないですか。
私の中の根岸さん像は詰まるところつんく♂の歌詞に出てきそうな女の子で落ち着いてます。
黄色が似合う元気な女の子は大体つんく♂似合うよね。
というわけで、つんく♂に根岸さんのイメソン作曲してほしいんですが、
どこにお願いしたらいいですかね。(どこにお願いしたって無理)
5巻

5巻

5巻のトリプルデート回冒頭、バスの中でマッキーと話してるシーンの凉ちんが可愛すぎました。
おかしいな、何回も見てるのに、たまになんだこの子猫ちゃんは!!って気持ちにさせられます。
きっとマッキーもこんな感じで凉ちんの隣にいるんだろうな。
幸せ者め!
この由美子→陽子→凉子からの花火大会当日に切り替わる流れね、最高です。
欲を言えばこういうキャラが会話してるだけのシーンも原画展で展示してほしかった…!
そういうシーンはさ、いっぱいキャラもいるし、いろんな表情がみれてさ…お得じゃん?(バカの意見)
見開きやカラーがメインで、全体的に華やいで迫力ありましたね。
深町くんが可愛く叫んでるところの原画もとても良かった。
彼をみつめる山田さんの表情はよりいっそうイケメンでした。
そしてあのシーンが前後期に渡って展示してあったことは、令和3年の大事件です。
去年は金剛寺さんの蛇足エピソードから始まり、今年はコレか…。
どんな年になるんだろう。

ちょい待ち!(フルハウスのジェシーおいたん風に)
そもそも行ってもないくせに何を欲張ったことを言ってるんだ。
そうだ、私行ってないんだった…。
魂だけ飛ばしてたから、ホテルでリアルタイムの探偵ナイトスクープ見てから寝て原画展に行って生原画を堪能して、
ホシネギのストラップ買って、サッとたこ焼き食べてホクホク気分で新幹線乗って帰ってた。私の魂だけ。
こんなご時世だからこその写真撮影OKだったんだろうな。
写真を見て羨ましがりまくってたけど、
保存させてもらって、何回も見返したり拡大したりさせてもらってるもん。
そんな事しながらいいなぁ〜〜なんてできるのも贅沢な事よ。
おかげさまで魂だけでも行った気持ちにさせて頂きました。
ありがとうございます。
クナ

クナ

クナイプのオレンジ・リンデンバウムのボトルを買いました。
開封したら湿気のせいか早速ひと固まりになってましたが、
最近はこの匂いを嗅いでる時が一番好きなので
容器を壁にガンガン打ち付けてバスソルトを砕いてる時間もすでに幸せでした。
いつも試供用の小袋で買ってたんですけど、
ボトルだと総量が多いなかで密封されてるおかげか、
小袋と同じぐらいの量を入れてもいつもより香りが濃く感じて、
浴室いっぱいに爽快感ある香りが広がりました。
お高いから悩んでたけど、思い切って買ってよかったです。
ーおわりー
極限

極限

極限まで削られた牧杉。
ずっとこんな調子で描いてたので絵の描き方忘れました。
思い出しながらどんどん絵を入れていきます。
あぁ

あぁ

あぁっちょ、くぅ、フゥ〜〜〜〜!!
今日公開のアルティストがですね…
おぅおぅ、ニーチャンネーチャン早よくっつけや!って小突きたくなっちゃってもう…。
でもこの状態ができるだけ長く続いてほしくもあるという…贅沢な感情です。
ありがたやありがたや。
https://mobile.twitter.com/samo_taro/status/1355488283904512001
え、なんか結ばれちゃう!?って予感がした瞬間アルティスト終わっちゃうの!?って気持ちにもなったから、
この二人の成就は物語のゴールと同じくらい大事な位置にあると思ってるし、そうなんだろうな。
実際どうかは分からないけど、
ゆっくり少しずつ大事に描かれてるからこそ贅沢な感情が生まれてるのだよなと、
厨房で死ぬほど冷やかされながら働くジルとエルザを想像しながら考えました。
マルコルートもあるかもしれないしね。アルティストだもの。

散歩中、夕焼けが綺麗だったのでもっとよく見えそうな高台に登ってみたら、
木の枝に隠れてかえって見づらくなりました。
自分

自分

自分の絵と漫画には飽きてきたけど、
牧杉描くのはやっぱり楽しいな。
かぁわいいねぇ…なんだろうこの生き物は?と思いながら描き続けてるので、
観察日記つけてるみたいな気分になってきました。
あんなことやそんなことまで密着記録して、
プライバシーも何もあったもんじゃないね…ごめんよ…。
多分ほっといたら5、6年は描き続けてしまうと思います。
5、6年後…!?2026年…よそう、この話は。
がん

がん

がんばって作ったやつだけど…スマン!没!!
表紙の裏と裏表紙の裏にも印刷できるみたいなので
何か入れてみたいなぁと、日付からお察しのとおりかなり前に作ってたものです。
あの頃想定していたものより内容が増えたし、
その分ここはシンプルにした方がいいと思うから…ごめんな。
供養になるのでどうぞ拡大して見てやってください。
安らかに眠れ…チーン…(‐人‐)
最後

最後

最後のネームにとりかかる。
やれば終わるやらないと終わらないやれば終わるやらないと終わらないやれば終わるやらないと終わらないやれば終わるやらないと終わらない…。
これが終われば完成。やります。
ハァ〜もう自分の絵と漫画に飽きちゃったよぉ〜グシュックスンクスン…戯言抜かすな!やります。

ところで、私は漫画を描くときの癖で最後に「おわり」とか「完」とか「おしまいける」とか
ほぼ必ず書いちゃうんですけど、なにが発祥だろう?と考えたら
これは絶対ラブロマから来てるな。これだけ読んでてやっと気づきました。
こうして二次創作描くようになるずっと前からの癖なので、なかなか根深い所にあるみたいです。